2022年度放送内容


8月11日 4つの人生
 ジネット・ヌヴー(本日お誕生日のヴァイオリニスト)
 エディット・ピアフ(歌手)
 マルセル・セルダン(ボクサー)
 マレーネ・ディートリッヒ(歌手・女優)
鎌田麗子さん(弁護士)をゲストにお迎えして
  1. BGM:J.スーク:4つの小品 作品17より第2番〈アパッショナータ〉 /ジネット・ヌヴー(ヴァイオリン)ブルーノ・ザイドラー=ヴィンクラー(ピアノ)
  2. BGM:M.d.ファリャ:「7 Chanciones Populares」よりPano moruno/D.Apellaniz(チェロ)A.L.Castano(アコーディオン):アルバム『PERSPECTIVAS』
  3. BGM:E.サティ:「スポーツと気晴らし」より タンゴ/シュテファン・フッソング(アコーディオン)アルバム『Tango Fantasy』
  4. J.スーク:4つの小品 作品17より第2番〈アパッショナータ〉 /ジネット・ヌヴー(ヴァイオリン)ブルーノ・ザイドラー=ヴィンクラー(ピアノ)
  5. BGM:M.d.ファリャ:「7 Chanciones Populares」よりAusturiana/D.Apellaniz(チェロ)A.L.Castano(アコーディオン):アルバム『PERSPECTIVAS』
  6. BGM:アストル・ピアソラ & マルセル・フェイジョー:S.V.P (S'il vous plait=よろしかったら)/シュテファン・フッソング(アコーディオン)アルバム『Tango Fantasy』
  7. BGM:M.d.ファリャ:「7 Chanciones Populares」よりSeguidilla murciana/D.Apellaniz(チェロ)A.L.Castano(アコーディオン):アルバム『PERSPECTIVAS』
  8. ライプ作詞 シュルツェ作曲:リリー・マルレーン/マレーネ・ディートリッヒ:アルバム『DIE GROSSEN ERFOLGE』
  9. BGM:M.d.ファリャ:「7 Chanciones Populares」よりJota/D.Apellaniz(チェロ)A.L.Castano(アコーディオン):アルバム『PERSPECTIVAS』
  10. BGM:M.d.ファリャ:「7 Chanciones Populares」よりPolo/D.Apellaniz(チェロ)A.L.Castano(アコーディオン):アルバム『PERSPECTIVAS』
  11. BGM:M.d.ファリャ:「7 Chanciones Populares」よりNana(子守歌)/D.Apellaniz(チェロ)A.L.Castano(アコーディオン):アルバム『PERSPECTIVAS』
  12. ピアフ作詞 モノー作曲:愛の讃歌/エディット・ピアフ:アルバム『エディット・ピアフ 愛の讃歌』
  13. Howard Ashman作詞 Alan Menken作曲:BEAUTY AND THE BEAST/セリーヌ・ディオン、ピーボ・ブライソン:アルバム『Celine ALL THE WAY…A Decade Of Song』
  14. 作曲者不詳(安田芙充央 編曲) :アメイジング・グレイス/植草ひろみ 早川りさこ(ハープ):アルバム『いつかの美しい日のように』
8月4日 箸の日(関東と関西では発音が違う?)
ルイ・アームストロング、ルイ・ヴィトンの誕生日
おちぼひろい(羽衣伝説)
セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲12)
ホタルとラジオ
ピースリーポスト
  1. ジョージ・ダグラス&ジョージ・デヴィッド・ワイス作詞・作曲:What A Wonderful World(この素晴らしき世界) /ルイ・アームストロング
  2. 橋本國彦:交響詩「天女と漁夫」より漁夫の踊り/沼尻隆典(指揮)東京都交響楽団
  3. バッハ:〈ロ短調ミサ〉よりニカイア信条「しかして肉体をとりて」 /ジョン・エリオット・ガーディナー(指揮)イングリッシュ・バロック・ソロイスツ モンテヴェルディ合唱団
  4. 紺谷英和:ビッグウェーブ/紺谷英和(三味線)カオン(横笛) 鄧義信(ギター) 沢村繁(キーボード) 甲斐いつろう(パーカッション) :アルバム『ざ・らいぶ津軽三味線-紺谷英和作品集』
  5. Hill, Willet:ブルー・リズム・ファンタジー/ジーン・クルーパ―&His Orchestra :アルバム『ジーン・クルーパ―』
7月28日 なにわの日-関西弁講座
成田参道ぶら歩き〜成田山新勝寺
津軽三味線奏者 紺谷英和さんのお稽古場へ(お持ちのいろいろな楽器をご紹介。三味線のバチの種類による音の違い)
三橋鷹女の話〜薬局へ
  1. イランの音楽:マーフールによる合奏「愛の秘密」 /アリー=レザー・エフテハリー:アルバム『THE ESSENCE OF WORLD MUSIC』
  2. ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」より夏 第一楽章/ピーナ・カルミレッリ(ヴァイオリン)イ・ムジチ合奏団
  3. 富山県民謡:こきりこ節/紺谷英和(津軽三味線)松野迅 植草ひろみ:生演奏
  4. コダーイ:組曲『ハーリ・ヤーノシュ』より第5楽章 間奏曲/マリス・ヤンソンス指揮 オスロ・フィルハーモニー交響楽団 ロジャー・カールソン(ツィンバロン):アルバム『ヤンソンス ワールド・アンコール』
7月21日 ヘミングウェイの誕生日
セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲11)
おもてなしキッチン
音楽しりとり
ピースリーポスト
  1. マダガスカルの音楽:ミフォハザ・ラベリマソ(目覚めの歌)/ラコト・フラー他(ヴァリハ(竹胴琴)とうた):アルバム『BEST WORLD SOUNDS 100』
  2. バッハ:ソロ組曲第5番ハ短調BWV1011よりサラバンド/モーリス・ジャンドロン(チェロ):アルバム『魂の音楽 J.S.バッハ全集』
  3. バッハ:ソロ組曲第1番プレリュード/植草ひろみ(チェロ):生演奏
  4. クライスラー作曲 ピーター・ウォルフ:オーケストレーション:愛の喜び/アイザック・スターン(ヴァイオリン)フランツ・リスト室内管弦楽団:アルバム『ウィーン奇想曲〜クライスラー名曲集』
  5. BGM:おもてなしキッチン/松野迅+植草ひろみ:アルバム『音楽の花束4 Special ピースリー・ミュージック』
  6. ゴルターマン:ラ・フォワ(信仰)作品95-1/植草ひろみ 德川眞弓(ピアノ):アルバム『いつかの美しい日のように』
  7. バッハ:チェンバロ協奏曲 ヘ短調BWV1056 より第1楽章/クリスティーネ・ションルスハイム(チェンバロ)B.グラツナー指揮 ノイエス・バッヒシャーズ・コレギウム・ムジクム:アルバム『HARPSICHORD CONCERTOS』
  8. R.WATER作詩 E.MORRICONE作曲:LOST BOYS CALLING/フィリッパ・ジョルダーノ:アルバム『FILIPPA』

植草ひろみ『おもてなしキッチン』第16回:レシピ

英国からチェコ共和国へとやってまいりました。チェコは、7月7日にお誕生日記念の放送をした、作曲家グスタフ・マーラーが生まれたところでもあります。チェコの家庭でよく食べられているというジャガイモ料理を作ってみました。ジャガイモのパンケーキ(お好み焼き)といったところですが、周りはカリカリ、中はモチモチの食感で、ハーブのマジョラムが香り立ちます。
通常、にんにくのすりおろしをたっぷり入れるそうですが、今回は赤タマネギを使用しました。ひろみ風タルタルソースもお試しください。

ブランボラーク(チェコ風ジャガイモのパンケーキ)
編修:アトリエ・ミルフィーユ

【材料と下ごしらえ】
ブランボラーク(直径約18cm 3枚分)
○じゃがいも(男爵いも使用)・・3個 約400g (チーズグレーター、チーズ削り器などで荒くすりおろし、水にさらす)
○赤玉ねぎ・・・・・・・・・・・1個 (みじん切り。2/3をブランボラーク用に使用。残り1/3はタルタルソース用にとっておく)
◯薄力粉・・・・・・・・・・・・100g
◯豆乳・・・・・・・・・・・・・50cc
◯卵・・・・・・・・・・・・・・1個
◯塩・こしょう・・・・・・・・・適量
◯乾燥マジョラム・・・・・・・・小さじ2 (オレガノで代用可)

☆水にさらしたじゃがいもの水分をしぼり、すべての材料を混ぜておく。あまり時間を置くと余分な水分が出てくるので、その際は薄力粉を足す。

タルタルソース
◯ゆで卵・・・・・・・・・・・・1個(みじん切り)
◯オリーブ塩漬け・・・・・・・・3個(種を除きみじん切り)
◯赤玉ねぎみじん切りの残り1/3
◯豆乳 ・・・・・・・・・・・・ 50cc
◯オリーブオイル ・・・・・・・10cc
◯リンゴ酢・・・・・・・・・・小さじ2
◯塩・こしょう・・・・・・・・・適量
◯粉チーズ(お好みで)・・・・・・小さじ1

☆すべての材料をよく混ぜておく
―――――――――
【作り方】
①直径18cm以上のフライパンにオリーブオイル(記載外)を多めにひき、ブランボラークの生地1/3をのせ、直径約18cmに薄く広げる。
②約4分中火でこんがり焼き、ひっくり返して2〜3分焼き、器にとる。
③残った生地でさらに2枚焼き上げる。
④焼き上がったブランボラークを1枚につき8等分に切って器に盛り付け、 タルタルソースを添えます。チェコ名産ピルゼンビールもあれば、気分はチェコ旅行真っ只中でございます!

7月14日 セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲 10)
松野迅後援会・東京事務局長の小林光さんをお迎えしました。
  1. つのだたかし:エル・ソンブレロ/つのだたかし(ウード)田崎瑞博(フィドル)江崎浩司(ソプラノ・ショーム)近藤郁夫(ダルブッカ・バスドラム)佐野健二(ビエウラ):アルバム『蟹 TABLATURE』
  2. R.クプチェンスキー作詞 M.ハイヴォロンスキー作曲:自由の闘士たちの別れ/P.ピサレンコ、ミカエル・ミンスキー(ソリスト)ウクライナ・パンドゥーリスト合唱団:アルバム『UKRAINIAN BADURISC CHORUS』
  3. 滝いく子作詞 小林光作曲:まぶしい朝/高平つぐゆき(指揮)電通のうたごえ全国合同合唱:ライヴ録音
  4. 松野迅:林学のポートレイト/松野迅 榎田まさし(ピアノ):アルバム『音楽の花束3』
  5. ユン・ミンソク詞・曲:光州クァンジュ無等山ムドゥンサンよ/キム・ヨン(ヴォーカル)サム・トゥッ・ソリ(演奏):アルバム『並んで歩かなくても』
7月7日 グスタフ・マーラーの誕生日
織女牽牛伝説
ピースリーポスト
  1. グスタフ・マーラー:私は緑の森を楽しく歩いた /グスタフ・マーラー(ロール・ピアノ)クロディーヌ・カールソン(メッゾ・ソプラノ):アルバム『MAHLER PLAYS MAHLER』
  2. グスタフ・マーラー:交響曲第二番〈復活〉ハ短調/山田一雄(指揮)京都市交響楽団 中沢 桂(ソプラノ)志村年子(アルト)京都市立芸術大学合唱団、ベリョースカ合唱団(合唱):アルバム『山田一雄の世界』
  3. BGM:バッハ:2声インヴェンションより第10番ト長調 /松野迅+植草ひろみ:アルバム『音楽の花束4 Special ピースリー・ミュージック』
  4. Diane Warren作詞作曲:Because You Loved Me/セリーヌ・ディオン:アルバム『Celine ALL THE WAY...A Decade Of Song』
  5. フレディ・マーキュリー作詞作曲:Bohemian Rhapsody/Queen:アルバム『オペラ座の夜』
  6. ロッシーニ:オペラ〈どろぼうかささぎ〉序曲/A.シュオルツ(指揮)ロンドン・フェスティバル・オーケストラ:アルバム『THE BEST OF ROSSINI』
6月30日 セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲9)
曠原淑女
左利きの悩み
ピースリーポスト
ジョルジュ・デュアメル
  1. 沖縄民謡:国頭くんじゃんサバクイ /普天間かおり:アルバム『暁~美ら美ら~』
  2. ナターシャ・グジー作詞 たかだりゅうじ作曲:ねがい〜いつまでも消えないように!/ナターシャ・グジー:アルバム『こころに咲く花』
  3. パウルス作詞作曲 たつの素子訳詞:ラトビアの娘(百万本のバラ)/橋本のぶよ:アルバム『時代の風 40周年記念〜音楽よありがとう〜』
  4. バッハ:2声のインヴェンションより第10番ト長調 /松野迅+植草ひろみ:アルバム『音楽の花束4 Special ピースリー・ミュージック』
  5. ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調Op.60より第2楽章アダージョ/ニコラウス・アーノンクール指揮 ヨーロッパ室内管弦楽団:アルバム『BEETHOVEN HARNONCOURT』
6月23日 「赤とんぼ」の詩と曲を解析
セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲8)
恋人に捧げた曲
ピースリーポスト
  1. 三木露風作詩 山田耕筰作曲 金井信編曲: 赤とんぼ /金田まり子(ソプラノ)金井信(ピアノ):アルバム『祈り 金田まり子ソプラノ・アルバム』
  2. K.クリヴェンキー:Ash Trees トネリコの木/M.ミンスキー、O.モロッツ(バリトン・ソロ)ウクライナ・パンドゥーリスト合唱団:アルバム『UKRAINIAN BADURISC CHORUS』
  3. J.S.バッハ作曲 シロティ編曲:アダージョ(トッカータ ハ長調)/ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)R.ジェッソン(オルガン):アルバム『a lasting inspiration』
  4. R.シューマン作曲 F.リスト編曲:献呈 /杉元 太(ピアノ):アルバム『The first piano collection』
  5. リシャール・ガリアーノ:パール/リシャール・ガリアーノ(アコーディオン)ビレリ・ラグレーン(ギター)アル・フォスター(ドラム)ジョージ・ムラーツ(ベース):アルバム『Richard Galliano New York Tango〜ピアソラへのオマージュ』
6月16日 和菓子の日
セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲7)
おもてなしキッチン
右脳とラジオ
ピースリーポスト
  1. 湯山昭:お菓子のベルト・コンベヤー/榎田まさし(ピアノ):アルバム『トロイメライ』
  2. 中国古琴曲:流水/呉文光(古琴):アルバム『BEST WORLD SOUNDS 100』
  3. BGM:おもてなしキッチン/松野迅+植草ひろみ:アルバム『音楽の花束4 Special ピースリー・ミュージック』
  4. イングランド民謡 押尾コータロー編曲:グリーン・スリーブス/押尾コータロー(ギター):アルバム『COLOR of LIFE』
  5. Astor Piazzolla 中村由利子編曲:Los Pájaros Perdidos(迷子の小鳥たち)/Liberoba(中村由利子(ピアノ)植草ひろみ):アルバム『THIS IS LIBEROBA』
  6. Sting:Fragile/Sting:アルバム『The Very Best of Sting & The Police』

植草ひろみ『おもてなしキッチン』第15回:レシピ

フランス共和国から海を渡って英国へやってまいりました。 ヴィクトリア女王(1819-1901)がアフタヌーン・ティーでお気に入りだったことか ら女王の名のついたケーキを作りました。バタースポンジケーキにいちごやベリーのジャムを挟んだシンプルなケーキで、今も人々に愛され続けています。本日はレッドルバーブ でジャムを作り、麦こうせん(はったい粉、麦こがし)を生地に練り込み焼き上げ ました。

ヴィクトリア・サンドウィッチ・ケーキ
編修:アトリエ・ミルフィーユ

【材料と下ごしらえ】
ルバーブ・ジャム
○ルバーブ(レッド)・・・・・・・・・・・500g (1.5~2cmの小口切りにする)
○花見糖・・・・・・・・・・・・・・・・・200g
◯レモン汁・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
(1) 小口切りにしたルバーブを鍋に入れ、砂糖をまぶして、3時間ほど置く。
(2) 3時間ほどするとルバーブから水分が出るので中火にかけ、アクが出たらとり、 レモン汁を加えて20分ほど煮る。繊維がほぐれて水分がなくなったら火を止める。
(3) 滅菌した瓶へ入れておく。その日に使わない場合は冷蔵庫保存をする。

ケーキ生地
◯薄力粉・・・・・・・・・・・・・・115g
◯麦こうせん・・・・・・・・・・・・・5g
◯ベーキングパウダー ・・・・・・・・ 2g
◯バター ・・・・・・・・・・・・・ 120g
◯卵 ・・・・・・・・・・・・・・・・2個(冷蔵庫から出し、常温に戻しておく)
◯花見糖 ・・・・・・・・・・・・・120g
◯塩 ・・・・・・・・・・・・・・・ひとつまみ
(1) 卵2個に砂糖を加え、なめらかになるまで泡立て器でよく混ぜる。
(2) (1)に薄力粉、麦こうせん、ベーキングパウダーをふるいにかけながら加え、ゴ ムベラなどでよく混ぜる。
(3) バターを500w電子レンジで1分半溶かし、塩ひとつまみを加えて混ぜ、(2)へ 入れてなめらかになるまで混ぜる。
(4) 18cm円形のケーキ型にクッキングシートを敷き、生地を流し込む。
(5) 170度に余熱しておいたオーブンで35分ほど焼き、竹串に生地がつかなくなれ ばOK。
(6) 型からはずし冷めたら、横半分に切る。
―――――――――
【仕上げ】
(1) 横に2等分したケーキの下部分の上部表面にルバーブジャムを一面に塗る。
(2)(1)の上にケーキの上部分を重ねる。
(3) 上から粉砂糖をふりかける。
☆どんな種類のジャムでも美味しくいただけます。ケーキの材料は、ミネラルと食 物繊維が豊富な麦こうせんをもっと増やし、その分薄力粉の割合を減らすとより健康的かも!

6月9日 セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲 6)
弦楽器製作者の清水陽太さんをお迎えしました。ホームページはこちら
イタリア国立クレモナ製作学校の話。
楽器制作の話。
魂柱とは?
  1. バッハ:ソロ組曲第3番ハ長調よりブーレ/パウ・カザルス:アルバム『J.S.BACH Cello Suites Nos.1-6』
  2. ボッテジーニ:夢(Reverie)/アンナ・セローヴァ(ヴィオラ)ジェニー・ポルガッティ(ピアノ):アルバム『Anna Serova Plays the 1615 Amati Viola 'La Stauffer'』
  3. ジャン・ジョセフ・ムーレ:交響組曲第1よりロンド/松野迅+植草ひろみ(清水陽太さん作のヴァイオリンとチェロで):生演奏
  4. エルネスト・ナザレー:マリー/舘野泉(ピアノ):アルバム『タンゴ・パッション』
  5. ハダメス・ジタナリ(ニャタリ):エルネスト・ナザレ/Douze Cordes(平倉信行・田嶌道生):アルバム『ピシンギーニャに捧げる一輪の薔薇』
6月2日 エドワード・エルガーの誕生日ということで、エルガー特集!!
ピースリーポスト
  1. エルガー: 野生の熊〜『子供の魔法の杖』第2組曲 op.1bより /マリス・ヤンソンス(指揮)オスロ・フィルハーモニー管弦楽団:アルバム『ヤンソンス ワールド・アンコール』
  2. エルガー:愛の挨拶/鄭 京和(チョン・キョンファ)(ヴァイオリン)フィリップ・モル(ピアノ)
  3. エルガー:弦楽セレナード ホ短調 作品20 第1楽章:Allegro piacevole/イ・ムジチ合奏団
  4. エルガー:エニグマ変奏曲より第7変奏 "Troyte" /サー・アンドリュー・デイビス(指揮)BBC交響楽団 :アルバム『THE ELGAR EXPERIENCE』
  5. エルガー:威風堂々より第1番/サー・アンドリュー・デイビス(指揮)BBC交響楽団 :アルバム『THE ELGAR EXPERIENCE』
  6. エルガー:チェロ協奏曲ホ短調 作品85より第3楽章 Adagio/ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)サー・ジョン・バルビローリ(指揮)ロンドン交響楽団 :アルバム『a lasting inspiration』
5月26日 びわ、枇杷、琵琶
パンドゥーラ
我が最良の日
セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲 5)
ピースリーポスト
  1. 中国潮州楽曲:寒鴉戯水かんあぎすい /張 強(琵琶):CD『BEST WORLD SOUNDS 100』
  2. L.レプキー作詞作曲:ある五月の夜/ミカエル・ミンスキー(バリトン・ソロ)ウクライナ・パンドゥーリスト合唱団:CD『UKRAINIAN BADURISC CHORUS』
  3. 島筒英夫:わが最良の日々/島筒英夫(ピアノ):CD『わが最良の日々』
  4. メンデルスゾーン作曲 クライスラー編曲:五月のそよ風/松野迅 曽我尚江(ピアノ) :アルバム『ながれ星』
  5. エルガー:アヴェ・マリア/クリストファー・ロビンソン(指揮)ケンブリッジ大学セント・ジョーンズ聖歌隊:アルバム『アヴェ・マリア名曲集〜10人の作曲家による』
5月19日 ボタンとシャツ
セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲4)
おもてなしキッチン
アンダンテ・カンタービレ
ピースリーポスト
  1. リスト:「パガニーニによる大練習曲」よりラ・カンパネラ/アンドレ・ワッツ(ピアノ):アルバム『Andre Watts plays Liszt』
  2. バッハ:ソロ組曲第3番よりプレリュード/パウ・カザルス:アルバム『J.S.BACH Cello Suites Nos.1-6』
  3. BGM:おもてなしキッチン/松野迅+植草ひろみ:生演奏
  4. 植草ひろみ:メイエで君を待つ Je t'attends à Meillers/植草ひろみ:アルバム『Dreaming』
  5. P.I.チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ 弦楽四重奏曲第1番ニ長調 Op.11より/ ボロディン弦楽四重奏曲
  6. ピアソラ:LO QUE VENDRA ロ・ケ・ヴェンドラ(来るべきもの)/Douze Cordes(平倉信行(ギター)、田嶌道生(ギター)):アルバム『ピシンギーニャに捧げる一輪の薔薇』

植草ひろみ『おもてなしキッチン』第14回:レシピ

『前回訪れたギリシャ共和国からフランス共和国にやってまいりました。今回はフランスの 家庭料理を味わいましょう。南仏の郷土料理トマト・ファルシは、トマトの中に肉などを詰めてオーブンで焼きます。 〔ひろみ流〕は、ヘルシーな具材を詰めて オーブンを使わずに作りました。』

トマト・ファルシ
編修:アトリエ・ミルフィーユ

【材料と下ごしらえ】
○完熟トマト・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・大3個 ○完熟でないトマト(食感の違いを楽しむため)・・・大3個 1ヘタから5ミリのところを横にカットする。カットした部分は盛り付け時のフタとして とっておく。
2中身をスプーンなどでくり抜く。中身はスープ用にとっておく。 3くり抜いたトマトの内側の水分をキッチンペーパーで取り、さらに軽く塩をして、キッ チンペーパーの上に逆さにして水を切っておく。

【詰め物の材料と下ごしらえ】
(1)とうふのヴィーガンチーズ ○木綿とうふ・・・・・・・・・・・・・・・・・200g(重しをして水を切る)) ○ココナッツオイル・・・・・・・・・・・・・・大さじ4
○ オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1 ○レモン汁・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1と1/2 ○リンゴ酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1と1/2
○ 白みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
○ 乾燥バジル、オレガノ、ローズマリーなど・・・適量

☆ボールにすべての材料を入れてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分以上寝かせる。

(2)えびとそら豆のクリーム煮
○むきえび・・・・・160g (水気を切り塩こしょうをしておく) ○そら豆・・・・・・80g (皮をむいて半分に割り、それをさらに半分に切る) ○玉ねぎ・・・・・・1/2個(みじん切り)
○豆乳・・・・・・・150cc
○小麦粉・・・・・・大さじ1
○白みそ・・・・・・小さじ1
○塩・こしょう・・・適量
○水・・・・・・・・100cc
○オリーブオイル・・適量
1フライパンにオリーブオイルを入れ、玉ねぎをしんなりするまで炒める。 2小麦粉を入れて混ぜ、水を加え、白みそを入れて溶かす。

3豆乳を加え、えびとそら豆を入れて煮、火が通ったら冷ましておく。

(3)トマト豆乳スープ ○くり抜いたトマトの中身・・・・6個分 ○豆乳・・・・・・・・・・・・・50cc ○塩・こしょう・・・・・・・・・適量

☆すべての材料を鍋に入れ、ある程度火を通してから鍋を火からおろす。少し冷めたら攪 拌しておく。
ーーーーー
【仕上げ】 1(1)の〈とうふのヴィーガンチーズ〉と(2)の〈えびとそら豆のクリーム煮〉を混ぜ 合わせ、水気の切れたトマトの器の中に詰める。 2トマトを耐熱皿に並べてラップをゆるくかけ、600w電子レンジで5分温める。別にフタ の部分を1分間温める。

3 (3)の〈トマト豆乳スープ〉を温めてスープ皿に1センチほどの深さに注ぎ、中央にトマ トを置きフタをのせる。最後に好みでパセリのみじん切りをちらす。 スープとのアンサンブルを楽しみながら、お召し上がりください!

5月12日 セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲 3)
フォルクローレ演奏者の武田耕平さんをお迎えしました。ホームページはこちら
ピースリーポスト
  1. バッハ:ソロ組曲第6番ニ長調よりプレリュード /パウ・カザルス:アルバム『J.S.BACH Cello Suites Nos.1-6』
  2. 武田耕平:暁の空/東京リャマ計画:アルバム『1er paso』
  3. 日本民謡:竹田の子守唄〜ロブレス:コンドルは飛んでいく/武田耕平(ケーナ/サンポーニャ)+松野迅+植草ひろみ:生演奏
  4. 望月フミヒロ:トゥズ湖/山下"TOPO"洋平(ケーナ)窪耕一郎(ドラム)宮城基(ベース) 望月フミヒロ(ピアノ・ギター・アコーディオン・シンセサイザー):アルバム『新しい季節』
5月5日 作曲家のマイブーム
ヴェルディと5月5日
セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲 2)
日本のエスペラント
ピースリーポスト
  1. ヴェルディ:アヴェ・マリア オペラ〈オテロ〉より第4幕 /ヴィクトリア・ロス・アンヘルス(ソプラノ)ジュゼッぺ・モレッリ(指揮)ローマ歌劇場管弦楽団:アルバム『ヴィクトリア・ロス・アンヘルス オペラアリア集』
  2. ヴェルディ:強い愛が私を呼んでいる オペラ〈リゴレット〉より第2幕/ヴィトーリオ・グリゴーロ(テノール)P.G.モランディ(指揮):アルバム『THE ITALIAN TENOR』
  3. ヴィラ=ロボス:ジェット・ホイッスル(フルートとチェロのための)Vivo/ローナ・マックギー(フルート)マイケル・スターリング(チェロ):アルバム『ヴィラ=ロボス 室内楽曲集』
  4. カタルーニャ民謡:五月/ホセ・カレーラス(テノール)ホアン・カザス(指揮)バルセロナ・リセオ歌劇場管弦楽団 :アルバム『ホセ・カレーラス/カタロニアの歌』
  5. 玉木宏樹:第3の夢/玉木宏樹(シンセサイザー)川城恵(オーボエ)美野春樹(ピアノ)玉木宏樹弦楽四重奏団:アルバム『玉木宏樹の純正律ミネラルサウンド「時」』
4月28日 駅が怖い...その後
ひとりオペラ
ラジオ焼いてるよ
エスペラント
ピースリーポスト
  1. ヴィヴァルディ 玉木宏樹編曲:純正律オルゴールによる「春」:アルバム『玉木宏樹の純正律ミネラルサウンド「時」』
  2. 韓国・全羅道の語り物:パンソリ「沈清歌」 (シムチョンガ) /姜貞淑(カン・ジョンスク)(歌唱)チャン・ドクファ(チャンゴ):アルバム『韓国(からくに)熱唱〜散調と唱』
  3. モーツァルト:ロンド ニ長調K.485 /スヴェトラ・プロティッチス(ピアノ):アルバム『トルコ行進曲/プロティッチ・モーツァルト・リサイタル』
  4. 加藤周一作詞 中田喜直作曲:さくら横丁/金田まり子(ソプラノ)金井信(ピアノ):アルバム『祈り 金田まり子ソプラノ・アルバム』
  5. バッハ:〈マタイ受難曲〉より第33曲 二重唱「かくて、わがイエスはとらわれたもう」/キリ・テ・カナワ(ソプラノ)アンネ・ソフィー・フォン・オッター(アルト)サー・ゲオルグ・ショルティ(指揮):アルバム『J.S.バッハ:マタイ受難曲-ハイライツ』
4月21日 セロ弾きの舞音日和(バッハ:ソロ組曲)
惑星になったヴィヴァルディ
おもてなしキッチン
落穂ひろい
ピースリーポスト
  1. バッハ:ソロ組曲第1番よりプレリュード/パウ・カザルス:アルバム『J.S.BACH Cello Suites Nos.1-6』
  2. A.ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集〈四季〉より「春」第1楽章/ピーナ・カルミレッリ(ヴァイオリン・ソロ)イ・ムジチ合奏団:アルバム『ヴィヴァルディ/四季』
  3. BGM:おもてなしキッチン/松野迅+植草ひろみ:生演奏
  4. ペドロ・イトゥラルデ:ギリシャ組曲(サクソフォン四重奏編)より第3楽章ワルツ 第4楽章クレタ/雲井雅人サックス四重奏団:アルバム『むかしの歌 - Chanson d'Autrefois』
  5. P.I.チャイコフスキー:劇付随音楽〈雪娘〉Op.12より「羊飼いレル第1の歌」/ エレナ・オコリシェヴァ(メゾ・ソプラノ)イゴール・ゴロフスチン指揮 モスクワ交響楽団
  6. 横尾幸弘:さくらの主題による変奏曲/小巻健(ギター):アルバム『REMEMBRANCE』

植草ひろみ『おもてなしキッチン』第13回:レシピ

『おもてなしキッチン』はこれから世界各地を旅いたします。東地中海沿岸地域では、伝統料理「ムサカ」が色々なかたちで食されています。ギリシャ共和国の代表的料理も「ムサカ」。「ギリシャ風ムサカ」をベースに、ホワイトソースにはバターを用いず発酵食品(ヨーグルト、みそ)を、ミートソースには高野豆腐を加えて、ヘルシーな『ひろみ流ムサカ』にしてみました!

ギリシャ風ムサカ
編修:アトリエ・ミルフィーユ

<約4人分>
【材料と下ごしらえ】
(1)焼き野菜
 ◯じゃがいも 大3個 (皮をむき5mm幅にカットして水にさらし、水気を拭いておく)
 ◯なす 3個 (斜めの5mm幅カットして水にさらし、水気を拭いておく)
  
 ☆オリーブオイルをひいたフライパンに、ジャガイモをならべ、軽く塩を振り火を通しておく。
 なすも同様に火を通す。

(2)ミートソース
A. 合挽き肉 150g
B. みじん切り野菜
 (玉ねぎ1個、人参半分、マッシュルーム4個、セロリ1/2本。
  他にピーマン、ズッキーニ、しめじなど、お好みの野菜なんでもOK)

C. 高野豆腐100g (お湯で戻した後、水分をしっかりしぼり、細かく切っておく)

◯カットトマト缶(ジュースづけ 400g) 1缶
◯調味料 塩、こしょう、醤油、ソース、ケチャップ、赤ワイン、シナモンパウダー、ナツメグパウダー 各適量

☆フライパンにオリーブオイルをひきA.→B.→C.を順番に加えて炒め、さらにカットトマトをジュースごと、そして調味料も加えて、水分が少なくなるまで煮込む。

(3)ホワイトソース
◯ ヨーグルト 300g (水分の少ないギリシャヨーグルトが適当。普通のヨーグルトの場合は、適度に水分を切って使用する)
◯ 卵 2個
◯ 粉チーズ 大さじ1
◯ みそ 小さじ1

☆すべての材料をよく混ぜておく。

【作り方】
☆耐熱皿の内側にオリーブオイルをぬり、まず(1)のじゃがいも1/2、次になす1/2、を重ね入れ、その上に(2)のミートソース1/2を注ぐ。再び残り各1/2のじゃがいも、なす、ミートソースを重ね入れ、最後に(3)のホワイトソースを注ぎ入れる。

☆200度のオーブンで30分焼き、表面が黄色くなり少々焦げ目がついたら、出来上がり。

4月14日

Saquebout(サクブット)Sackbut(サクバット)
サクバット/トロンボーン奏者の宮下宣子さんをお迎えして、
サクバットについてお話などをお伺いしました。
またこれからの宮下さんの夢についてもお話くださいました。
宮下宣子さんのホームページはこちらhttp://sackbut1.com/

ピースリーポスト

  1. グリーグ:抒情小品集第3集より「春に寄す」/風呂本佳苗(ピアノ):アルバム『野遊び日和』
  2. コレッリ:12のヴァイオリン・ソナタ集/ソナタ第5番より第4・5楽章/宮下宣子(サクバット)高本一郎(リュート):アルバム『サクバットの舞』
  3. バッハ:カンタータ第147番《心と口と行いと命もて》BWV147より「主よ、人の望みの喜びよ」/宮下宣子+松野迅+植草ひろみ:生演奏
  4. 沖縄民謡:てぃんさぐぬ花/井上鑑:アルバム『私たちの大切なうた1』
  5. アーロン・コープランド:バレエ〈ロデオ〉からダンス・エピソード「踊り(ホゥ・ダウン)」/アンタル・ドラティ指揮 デトロイト交響楽団
  6. 文部省唱歌:茶つみ/宮下宣子:生演奏
4月7日 なぜ音楽用語はイタリア語?
セロ弾きの舞音日和1(ヴィラ・ロボス)
ピースリー・ノート(お申し込みはこちらから
ピースリーポスト
  1. アーロン・コープランド:市民のためのファンファーレ /アンタル・ドラティ(指揮)デトロイト交響楽団
  2. バッハ:〈ヨハネ受難曲〉BWV244 第1部よりアリア「血を流せ、わが心よ!」/アン・モノイノス(ソプラノ)ジョン・エリオット・ガーディナー(指揮)イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
  3. ヴィラ・ロボス:ソプラノと8挺のチェロのための ブラジル風バッハ第5番よりアリア/ヴィクトリア・ロスアンヘルス(ソプラノ)フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
  4. 玉木宏樹:朝のきらめき/玉木宏樹(ヴァイオリン)植草ひろみ(チェロ)黒木朋興(エレクトリック・ギター):アルバム『玉木宏樹の純正律ミネラルサウンド「時」』
  5. ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調Op.55「英雄」より第3楽章 Scherzo:Allegro vivace/ニコラウス・アーノンクール(指揮)ヨーロッパ室内管弦楽団
←2021年度