植草ひろみディスコグラフィ ファンタジア/遠藤隆己

ファンタジア ジャケット

ファンタジア/遠藤隆己
マンドリンによるバロック曲集


  1. ファンタジア 第9番:テレマン
  2. ソナタイ長調 作品1-14:ヘンデル
  3. シシリアーナ~ソナタ変ホ長調BWlO31:バッハ
  4. パルティータ イ短調 BWVlO13:バッハ
  5. G線上のアリア:バッハ
  6. パッサカリア(ロザリオのソナタ)卜短調:ビーバー
  7. メヌエットとアダージョ~ソナタ ハ長調BWVlO33:バッハ
  8. ファンタジア 第10番:テレマン
  9. プーレとメヌエット~ソナタ ト長調 作品1-5:ヘンデル
  10. ソナタ イ短調 作品1-4:ヘンデル
  11. ラルゴ:ヘンデル

 CDのお問い合わせはこちらへ

遠藤隆己:マンドリン
 (Endo Takami,Mandolin)
 井出久美子:ピアノ
 (Ide Kumiko,Piano)
 植草ひろみ:チェロ
 (Uekusa Hiromi,Cello)

 Producer:Shimoda Hidemaro
 Director:Uekusa Hiromi
 Engineer:Nakano Mitsuo

 Recorded on April 23-24 2002
 at Chichibu Muse Park,Music Hall


 初夏に向かう爽やかな風、そして遠藤さんの穏やかで不思議な空気にのせられて、素敵な一枚が完成した。
 チェリストである私は、気に入った曲があると(たとえそれが他の楽器のための曲であろうと)必ず自分のレパートリーに加え、その上“大作曲家達もきっと喜んでいるに違いない”と信じ込んでいる。
でも、それはすなわち曲への愛情の表われであり、そんな熱い思いが僅かでも作曲家の元へ届いたと感じる時、この上ない喜びを味わうことができるのだ。

 遠藤さんと出会い、マンドリンでフルートやヴァイオリンのバロック音楽を録音すると聞いたとき、きっと同じような思いを持った方なのだろうと、レコーディングの時をとても楽しみにしていた。
遠藤さんがバッハやヘンデルの曲と向き合い演奏する姿は、作曲家に曲への愛情を語りかけているように見えた。そしてその口調はとても自然で、聴き手の心にも素直に響いてくる。

 さて、今回のCDには入りきらなかったが、レコーディングしたいと考えている曲はまだまだ沢山あるようだ。次のアルバムにはどんな風を吹き込んでくれるのだろうか。 (Uekusa Hiromi; Director)

このページのトップへ↑